存在自体が芸術、
LEE JUNHO
#旅行 #ART

魅力がいっぱい溢れるような
LEE JUNHOの「二つの顔」

野獣のようなパワフルなアイドルと「King Jeongjo」を掛け持ちしているミュージシャンであり、俳優でもある。舞台を掌握する圧倒的なカリスマと自分の中に隠れているもう一つの自分の姿を引き出さなければならない柔らかいエネルギー。二つの役柄を完璧にこなしているJUNHOの二つの顔。次回作の『King the Land』に関するお話、彼が休むときに行きたい場所、アーティストとして挑戦してみたい新しい領域など。すでに「トップ・オブ・トップ」という立場に立っているが、絶えず自己啓発するJUNHOの率直な内面。そして、多方面で活躍しているアーティストとして打ち明ける「芸術」に関するお話。

#Life Style

時間は経ちましたが、まだファンにとってLEE JUNHOバージョンの「King Jeongjo」は依然として心ときめく存在です。『袖先赤いクットン』の「King Jeongjo」役で各種授賞式で賞を席巻した彼を見ると、どれほど印象深い役柄と演技だったのか、改めて考えるようになります。LEE JUNHOさんは「この頃」どのように過ごしているのか、LDF MAGAZINEでお会いしました。

Q.ロッテ免税店と長年にわたってお付き合い続けられ、今回再会することができましたね。モデルになった感想をお聞かせください。

またお会いできて嬉しいです。また一緒に仕事ができてワクワクして幸せです。ファンの方々とコミュニケーションできる機会が増えればと思います。

Q.次回作の『King the Land』について知りたいのですが。どんな役柄を演じていますか?

『King the Land』は華やかで愉快な作品です。私は財閥後継者の役を引き受けました。財閥との相続戦いに投げ出された「Gu Won」という役です。それぞれ違う生き方をした「Cheon Sarang」という役に出会い繰り広げられる内容です。

Q.完璧な演技のための熱心な努力家として知られていますが。今回の配役のために特別に気を遣っている部分といえば?

私はいつも作品で演技をする際に、できるだけその作品のキャラクターに溶け込む努力をしています。前作の『袖先赤いクットン』の場合、王という役は私が経験をする機会がなく、経験できない役です。今作も同じです。財閥の役ですが、私が実際に財閥でもなく、周りに財閥の知り合いもいなく、何というか、私が描き出す「Gu Won」というキャラクターがどんな人物なのかは、ただ自分が熱心に分析して役を演じなければならないのです。ちょっと変わった感じで表現したいという気持ちがあります。どのように表現され、どのように放送されるかは私もとても楽しみです。最大限に集中して良いキャラクター、良い作品をお見せするために努力します。

Q.作品を準備する中でも着実な体力管理は大事だと思いますが、秘訣ってあるのですか?

撮影する7~8ヶ月の間は、ほとんどその現場に住んでいると言っても差し支えないほどです。それで体力管理が本当に重要です。些細なこと一つ一つまでも。喉がかれてもいけないし、肌にトラブルがあっても、怪我をしてもいけないのです。私は、自分一人だけの体ではないと思います。本当に、本当に、自分自身を大切にしなければならないので、できるだけ体調を崩さないように心がけています。サプリをはじめ、健康に良いものをよく摂っています。キャラクターのためには食事管理も必要ですが、精神力でしっかり持ちこたえようと頑張っています。

Q.疲れた時は、よく食べる方だ vs よく寝る方だ!

よく寝る方です。私はできるだけ本当に短い時間でも仮寝するようにします。5分でも、10分でも目をつぶって休んでいるだけでも、エネルギーチャージされる気がします。

#Travel

人気と比例して非常に多くのスケジュールを相次いで消化しているLEE JUNHO。彼が作品と作品の間、スケジュールとスケジュールの間に暇ができた時、癒しの旅先はどこなのか、どのような部分で楽しさを感じたのかを尋ねました。

Q.最近行ってきた旅行先はどこですか。旅行先で印象的だった部分やその理由も教えてください。

家族旅行でGangwon-do Pyeongchangに行ってきました。特別なエピソードはありませんが、甥まで家族全員が集まって美味しいものを食べて、みんなで素敵な景色を見ながら癒された1泊2日の短い時間でした。それ自体がとても良かったです。一人旅の機会があれば、海辺に行きたいです。海辺のパラソルの下で静かに寝ていたいと思います。

Q.新しいところに行くと記憶に残る部分ってありますよね。主にどのような部分で感動を受けますか?

おいしい食べ物と自然です。私は以前ミュージックビデオ撮影のためにハワイに行ったことがあります。その時見た絶壁の風景が忘れられません。日が暮れる時間でしたが、初めて見る光景で美しいと感じたことを覚えています。そのような自然の姿を見るとすごく素敵だなぁと感動をするんですが、それでも一番感動するのは食べ物ですね。 (笑)

Q.余裕ができたら、ぜひ行ってみたいところは?

私は本当にたくさんの国にまた行きたいです。長い間海外旅行に行けなかったので、今は、う~ん…、Thaiに行きたいです。私はThai料理が大好きです。スイカジューステンモーパン 「แตงโมปั่น(Tængmo pạ̀n)」を飲みに行きたいです。

Q.海外旅行に行くと、免税店ショッピングは欠かせないですよね。ショッピングアイテムの中で覚えているものはありますか?おすすめアイテムを教えてください。

海外ツアーに行く機会がたくさんあったので、いつも免税店に寄ってショッピングをしました。父のためにウイスキーを買って渡したら、父が喜んでくれた記憶があります。ビューティーアイテムはオンライン上で購入すればもう少し合理的な価格で購入するができ、プレゼントとしてもよく買いました。

#Art

歌手と俳優、 歌とダンスや演技のほかにもアーティストとしてのLEE JUNHOの領域は限りなく幅広いです。自分の仕事においては、誰よりも積極的に取り組んで意見を出す真の「アーティスト」であるLEE JUNHOは、ARTのどの領域に関心を持っているのでしょう。そして、彼にインスピレーションを与える部分はどのようなものでしょうか。インスピレーションを受けて表現し、また別の響きを与えるLEE JUNHOとARTについてお話を聞きました。

Q.最近興味深く見たART展やポップアップス
ペースがありますか?

最近見たのは、DDP(Dongdaemun Design Plaza)で開かれた「teamLab: LIFE」展です。日程がギリギリだったので展示を見る機会があまり多くありませんが、時間があればいろんなところに行ってみたいです。

Q.アルバムやミュージックビデオ、コンサートなどを行う際に細かい部分もすべて直接アイデアを出すと聞きました。過去のファンコンサートで視覚的に一番気を遣った部分についてお聞かせください。

基本的に公演演出には常に気を遣っています。照明をどのように使って全体的にどんな絵で描くかは私の頭の中にいつもありますが、大事なのは現場で表現されることです。実装がどうなるかは現場によって異なるからです。前回の公演のテーマは「夏の夕方」でした。日が暮れる薄暗い夏の夜に感じられるフェスティバルの感じを表現しようと努力しました。照明と音楽のタイミングを重視して演出します。今回のコンサートは単なるコンサートではなく、ファンミーティング兼ファンの方々とコミュニケーションする場であり、もっと多様な部分をお見せしようと努力しました。

Q.プロデューサーとアートディレクターの力量も備えているようですが、JUNHOさんの限界はどこまでですか?

いろんな分野に興味があります。私がやることだけは直接やってみようとして、それは私の才能というよりは欲深いことです。私の作業物に対する愛情でもあります。それで、私自分の作業物に対する愛情がある限り、限界を置かずに続けるつもりです。以前から今まで、コンサート映像からミュージックビデオまでコンテも組んでみたり、リファレンスも作ったりした経験があります。後で時間が許されればミュージックビデオも演出したいと思います。いつになるかは分かりませんが、私に関心を持って見守ってくださるファンの方々に、新しい姿を見せたい気持ちが一番大きいです。これからももっと勉強して良い姿をお見せします。

Q.最近熱中している分野はありますか?

日常に気を遣っています。しばらく心を空ける時間を持ち、次回作に愛情を注いでいます。

Q.音楽も演技も芸術の一部ですよね。新たに挑戦してみたい芸術のカテゴリはありますか?

うーん…上手に写真を撮りたいですね。映像についても興味があります。先ほどお話したように、何かを演出することについて考えることが多いですが、特に視覚的に表現することに興味があります。

Q.絵や作品を鑑賞するのが好きですか、それとも直接描いて構想するのが好きですか。

今は鑑賞することが好きです。展示会には時間を割いて行くことがあまりできないので、展示会に関連した本や作家の本を家で見て、作家の世界を間接体験します。最近は建築物、インテリアデザインに惹かれて見ています。

Q.JUNHOさんにインスピレーションを与えてくれるのはどんなことですか?

インスピレーションを与えてくれる対象が自分自身だというのは、自己陶酔型の答えかもしれませんが、私は未来の私を見てインスピレーションを受けようとしています。今すぐは私が成し遂げなかったこと、まだ関心がなくて挑戦したことのない分野も、未来の私はそれをしているかもしれません。今よりもっと何か良くなって、あるいは新しい分野に挑戦した私の姿を想像しながら夢を見て叶えていこうと思っています。

超簡単ログイン1回で
LEE JUNHO モバイル壁紙が
スーッと!

モバイル壁紙をダウンロードしてください!

LEE JUNHOがおすすめする
免税店ショッピング商品

    EDITOR W Korea freelancer Hyoeun Sagong

    PRODUCTION EASTERN FOREST

    VIDEO Hyeonjin Hwang / Donggun Lee

    PHOTO Yongbin Choi

    HAIR & MAKEUP Hanseok Joo

    STYLING Hyemi Kwon